双葉山の連勝記録(大相撲)は69

Pocket

ぺぺさん

大相撲の元横綱で
元貴乃花親方の花田光司さんが
妻の河野景子さんと離婚(卒婚)とか‥

ぺーコさん

なんでも
卒婚の経緯について聞かれると
「まぁ、お互い結婚を卒業しよう
ということで、2人で決めました」‥

ぺぺさん

でも
「卒婚」とは籍は抜かずに
結婚生活を”卒業”するものなので
元貴乃花親方の場合、
離婚届を提出済なので、
明らかに「離婚」ですね~

ピー子さん

清水アキラさんや加山雄三さんも
「卒婚」体現者だとか‥

ぺぺさん

まぁ、そんな
ワイドショー的なニュースは
おいていて、昭和の大横綱、双葉山の
連勝記録を調べてみました。

スポンサードリンク




双葉山の連勝記録(大相撲)は69

引き分け・預かり・休場などを挟まない昭和以降の連勝記録を調べてみました。
やっぱり双葉山の69連勝が光っています。双葉山はこの69連勝の記録を達成するためになんと、足かけ4年の歳月をかけています。

えぇ、なぜって思いますよね。

当時の本場所は、1月と5月の年2回:11日間で行われていたからです。

なので

1年間、勝ち続けても22連勝が最高。
2年間、勝ち続けて44連勝。
3年間、勝ち続けて66連勝。

この69連勝の記録がいかに偉大なものかがわかります。

ちなみに、現在であれば

年間6場所:15日間ですので、1年間、勝ち続けて90連勝となります。

順位 力士名  連勝 期間  止めた力士

1位 双葉山定次  69
1936年(昭和11年)1月場所7日目~1939年(昭和14年)1月場所3日目 安藝ノ海
2位 白鵬翔    63
2010年(平成22年)1月場所14日目~2010年(平成22年)11月場所初日 稀勢の里
3位 千代の富士貢 53
1988年(昭和63年)5月場所7日目~1988年(昭和63年)11月場所14日目 大乃国
4位 大鵬幸喜   45
1968年(昭和43年)9月場所2日目~1969年(昭和44年)3月場所初日 戸田
5位 白鵬翔    43
2013年(平成25年)3月場所初日~2013年(平成25年)7月場所13日目 稀勢の里

※双葉山定次:読み方「ふたばやま さだじ」、1912年2月9日-1968年12月16日
※白鵬 翔:読み方「はくほう しょう」、1985年3月11日-

双葉山の名言、未だ木鶏たりえず

横綱双葉山は、連勝が69で止まった時、「ワレイマダモッケイタリエズ
(我、未だ木鶏たりえず)」と安岡正篤に打電したというエピソードがあります。

これを踏まえて横綱白鵬は、連勝が63でとまった時に支度部屋で「いまだ木鶏たりえず、だな」と語ったとか。

※木鶏(もっけい)とは、
荘子(達生篇)に収められている故事に由来する言葉で、木彫りの鶏のように全く動じない闘鶏における最強の状態をさす。

双葉山 動画

双葉山 動画

立浪部屋 双葉山と羽黒山(大相撲名門列伝シリーズ 4)

大相撲名門列伝シリーズ 4

立浪部屋 双葉山と羽黒山、
二人の大横綱を生んだ名門

大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋 (B・B・MOOK)

PHOTO GALLERY
立浪部屋の情景
一強支配を打破した、不世出の英雄たち――

[STORY]
双葉山、羽黒山、名寄岩――
師匠の”名スカウト”から羽ばたいた男たち
『立浪三羽烏』物語

土俵を沸かせた男たちを一挙掲載!
名力士カタログ 立浪部屋編
双葉山、羽黒山、双羽黒、名寄岩、若羽黒、旭國、
北の洋、時津風、安念山…etc.

土俵を沸かせた男たちを一挙掲載!
名力士カタログ
立浪一門・伊勢ヶ濱一門編
照國、吉葉山、旭富士、三根山、清國、大受、魁皇、輝昇…etc.

一門の情景
友綱部屋・高島部屋 大横綱・太刀山生んだ老舗と「三羽烏」擁する名門の”交錯”
宮城野部屋 “悲運の横綱”の指導が生んだ個性派たち
高島部屋 実直な元大関が育てた押し相撲の”最高傑作”
大島部屋 「相撲博士」が育てた技能横綱とモンゴル力士
伊勢ヶ濱一門 技巧派を生んだ名門と大阪由来の古豪

名門の「今」
新生・伊勢ヶ濱一門と立浪部屋
新時代への有為転変

スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です