介護保険制度とは、給付限度額は?

Pocket

ぺぺさん

わたしも、そろそろいい年齢なので
介護保険制度のことなどもネットで
調べています。

介護保険制度ってご存知ですか?

ぺーコさん

介護を必要とする人が適切なサービスを受けられるように、
社会全体で支え合うことを目的とした制度ですよね。

ぺぺさん

そうなんです。

介護者・被介護者の双方が安心して生活できる社会を目指して、1997(平成9)年12月に「介護保険法」が制定され、
2000(平成12)年4月から施行されています。

これからの少子高齢化の社会には
不可欠な制度ですね


スポンサードリンク




介護保険制度の対象者

介護保険は、40歳になった月から全ての人が加入することになり、支払い義務が生じます。年齢によって区分が分かれていて、65歳以上は「第1号被保険者」、40歳~64歳までは「第2号被保険者」に当たります。たとえ要介護状態になったとしても、39歳以下の人は介護保険を利用できません。

第1号被保険者は、介護が必要であると認定を受けると、その程度によって、日常生活の支援や介護のサポートを受ける際に介護給付を受けることができます。第2号被保険者の場合、末期がんや関節リウマチ、脳血管疾患などを含む全部で16種類の特定疾病のいずれかに該当し、要介護認定を受けた人のみ、介護給付を受けることができます。

介護保険料と支払い方法

第1号被保険者

市区町村から納付通知書が届き保険料を納めるか、年金から天引きされる形で保険料を支払います。保険料は、住んでいる市区町村により基準額が異なり、所得によっても変わります。具体的な金額について知りたい人は、各市区町村の公式サイトを確認しましょう。

第2号被保険者

厚生労働省が1人当たりの介護保険料の負担率を設定し、それに基づいて計算した保険料額を、健康保険組合や共済組合などの医療保険者に知らせます。通知を受けた医療保険者が、第2号被保険者から医療保険料と一緒に介護保険料を徴収するという仕組みです。

支援の区分と要介護の区分

要支援1【支援によって生活機能の維持・改善が可能な状態】日常生活は基本的にほぼ自分でできる状態、ただし入浴や排せつなど一部に介助が必要な状態。介護予防サービスを受けることで生活機能の維持または改善ができる可能性が高い状態。

要支援2【支援によって生活機能の維持・改善が見込まれる状態】日常生活は基本的にほぼできるが、時々介助が必要なときがある状態。介護予防サービスの利用により、状態の維持や改善が見込まれる状態。

要介護1【時々軽度の介護が必要な状態】歩行や立ち上がりが時々不安定で介助が必要、また食事や排せつはほとんど自分でできるが、時々あるいは一部に介助が必要なときがある状態。

要介護2【軽度の介護が必要な状態】歩行や立ち上がりには支えが必要で、食事や排せつに介助が部分的に必要な状態。

要介護3【中度の介護が必要な状態】歩行が自分だけではできないこともあり、排せつや身の回りの世話、立ち上がりなどが自分でできず全面的に介助が必要な状態。認知症に伴う問題行動が見られることがある状態。

要介護4【重度の介護が必要な状態】歩行が自分だけではできず、排せつや身の回りの世話、立ち上がりなどがほとんどできず介護なしでは日常生活を営むことが困難な状態。意思の疎通や問題行動や見られることがある状態。

要介護5【最重度の介護が必要な状態】ほぼ寝たきりで食事や排せつ、身の回りの世話、立ち上がりや歩行などがほとんどできず介護なしでは日常生活を送れない状態。また、意思の疎通がほぼ困難で問題行動を起こすこともある状態。

要介護認定による区分ごとの支給限度額

介護保険サービスを受ける場合、要介護認定の区分ごとに支給限度額が定められています。この支給限度額以内であれば1割(一定の所得がある方については2割負担になります)の負担で介護サービスが利用できます。限度額をこえて利用するときは、超過分を自己負担しなければなりません。なお、1単位は一般的には10円(※)で以下の単位数に10をかけた金額が支給限度額です。地域や利用するサービスによって10円を少しこえることがあります。また、支給限度額が適用されないサービス、および支給限度額の対象外とされる金額が加算されるサービスも一部あります。(2017年9月現在の支給限度額です。改正される可能性があります)

※地域によって1単位10円~11.40円を乗じた金額が、支給限度額となります。

給付限度額(単位×10円)
要支援1: 5,003単位
要支援2:10,473単位
要介護1:16,692単位
要介護2:19,616単位
要介護3:26,931単位
要介護4:30,806単位
要介護5:36,065単位

スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です