宇部市の医療の中心、山口大学医学部付属病院

Pocket

ぺぺさん

宇部市の特徴の一つ、
人口当たりの医療機関・医師数が全国トップクラス!
すごいですね

ぺーコさん

そうなんです。
街の中心にある山口大学医学部付属病院の影響ですね。
ちょっとオーバーですが、至るところに病院があるんです。

ピー子さん

2011年から高度救命救急センターとして、
ドクターヘリを導入しています。
山口大学医学部附属病院が山口県の基地病院となっています。

スポンサードリンク




Googlemap・山口大学医学部付属病院

山口宇部空港から、タクシーで15分ぐらいですね

〒755-8505 山口県宇部市南小串1-1-1
電話 0836-22-2111 / FAX 0836-22-2113
最寄駅 JR宇部線 宇部新川駅

山口大学医学部付属病院の歴史や特徴

歴史

19ある「旧制医専」の一つ。山口県立医学専門学校、山口県立医科大学を経て、1964年山口大学医学部となる。

特徴

1年次では教養科目とともに、医学入門として医学・医療(福祉)の現場で実習・見学を行う。2年~3年次には主に基盤医学系科目を臓器・系統別に編成されたカリキュラムで学ぶ。4年次には臨床医学の専門分野を系統的に学ぶとともに、展開医学系テュートリアルで具体的な症例をもとに少人数での自学自習を行う。5年次より臨床実習が始まる。

山口県の救命救急センターとヘリポートを持つ病院

山口県は、土地の7割をが中山間地域、また、
たくさんの有人離島があることで、より迅速な救急医療や適
切な高度医療の提供を行うことが求められています。

このような背景から、
平成15年より消防防災ヘリコプター「きらら」による
「ドクターヘリ的運用」を行っているんです。

平成21年度に高度救命救急センターとして、
広範囲熱傷、急性中毒などの特殊治療に対応でき、救急専門医、
看護師等の医療スタッフが確保される「山口大学医学部附属病院」を
基地病院としたドクターヘリが導入されました。

山口大学医学部 偏差値ランキング

ランキング&大学名 偏差値
ランキング34位
山口大学医学部
偏差値 67.3
国家試験合格率 91%
6年間の学費総額 3,496,800円
男女比42:58
ランキング1位
東京大学医学部
偏差値 76.8
国家試験合格率 90.0%
6年間の学費総額 3,496,800円
男女比84:16
ランキング2位
京都大学医学部
偏差値 75.8
国家試験合格率 93.3%
6年間の学費総額 3,496,800円
男女比 83:17

スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です